アドラク!

アドラク!広場

いまさら聞けないデザイン用語 その3

2019/12/06

 

 

ごきげんよう、ガミです。

デザインの業界で頻繁に使われる
CMYKRGB

これ、どちらも「色」のことですね。

聞いたことあるけど、違いってあるの?
と思った方。

今回は簡潔に説明しちゃいます!

 

CMYK

CMYKとは
Cyan=シアン
Magenta=マゼンタ
Yellow=イエロー
の三色に加え、
Key plate=キープレート(≒黒、墨)
から頭文字1文字ずつ取ったものなんです。

このCMYの3色は、混ぜるほど暗くなり黒に近づきます。

プロセスカラーとも呼ばれていて
カラー印刷では通常、多くがこのCMYKの4色で印刷されます。

紙などに印刷する場合は、CMYKでデータを作りましょう。

 

RGB

RGBとは
Red=赤、
Green=緑、
Blue=青
の三つの原色を混ぜて幅広い色を再現できます。


この3色は、混ぜるほど明るくなり白に近づきます。

「光の三原色」と呼ばれる色彩で、
パソコンやスマホ、テレビのディスプレイなどで表現される基本の色なのです。

印刷された紙で見ている色と、画面で見ている色は
違った色の要素が使われていたんですね。

 

もっと詳しく!

RGBからCMYKに変換することもできます。

PhotoshopでRGBからCMYKに変換する

こちらでではRGBとCMYKのもっと詳しい説明も載ってますので
興味のある方はご覧になってみてください。

アドラク!のブログでは、他にも色のこと
たくさん書いていますので
ぜひ読んでください♪

【RGB】【CMYK】【色調補正】etc.色に関する記事まとめ

流行色ってどうやって決めるの?

 

では、また~♪