アドラク!

アドラク!広場

iOS11で新たに追加された「ファイル」アプリをローカル(このiPhone内)で使いこなす

2017/10/04

iOS11で新たに追加された「ファイル」アプリ

「ファイル」アプリのアイコン App Files
iOS11で追加された「ファイル

これでPCのようにローカルに一旦保存して、あちこちのアプリでファイルを使えるようになるか?!
って期待して開いてみたら
「ファイル」アプリ立ち上げ画面

あれ?オンラインストレージのみ?
ネットワーク経由でないと使えないの?

と、ぱっと見でガッカリしました。

「このiPhone内」に保存する

ここではローカルの「このiPhone内」に保存する方法を紹介します。

「編集」をタップして
「ファイル」アプリの編集ボタン

 

「このiPhone内」のチェックをオンにします。

「ファイル」アプリの「このiPhone内」を表示させるスイッチ

「このiPhone内」が出て無い人はもう少し読み飛ばしましょう。

「ファイル」アプリのブラウズ画面

ブラウズに出てくるようになるのですが、この段階ではタップ出来ません。

「このiPhone内」にフォルダを作る

次にアップル純正アプリをダウンロードします。
PagesでもNumbersでもKeynoteでも構いません。

ここではこの中で一番容量の小さいNumbersをダウンロードします。
それでも360MBくらいありますが。
すでに入っている人はいいですが
デカくて邪魔だからとアンインストールした人はもう一度再インストールします。
大丈夫、後で消せます。

Numbersダウンロード画面

ダウンロード出来たら立ち上げます。

何でもいいので新規ファイルを作ります。

Numbersの新規作成画面

右上に三点リーダーをタップして

Numbersの画面

書き出しをタップします。

Numbersのその他画面

フォーマットは何でもいいです。ここではExelを選びました。

Numbersの書き出し画面

 

なんと!
「このiPhone内」にNumbersフォルダが出来ました!
先ほど「このiPhone内」が無かった人もここで出てくると思います。

Numbersから「ファイル」アプリにフォルダを作っているところ
「追加」をタップすると、
「このiPhone内」にxlsxが保存されました。

これで自由に「ファイル」の「このiPhone内」が使えるようになりました。

「ファイル」アプリにフォルダが出来た
写真アプリから写真を保存することも可能になります。

「ファイル」アプリに写真を保存した

ただ、自由にフォルダは作れないので
あくまで純正アプリの名前のフォルダの中に保存するだけです。

先ほどのxlsxファイルも消しても問題ありません。

ただ、ここでNumbersをアンインストールしてしまうと
再び「ファイル」のこのフォルダにはアクセス出来なくなってしまいます。

必要無くなったアプリを削除する

でもアップル純正ファイルは容量が大きいので
使わない人はアンインストールしたいと思います。

ここで、iOS11からの新機能「Appを取り除く」が役立ちます。

 

【設定】-【一般】-【iPhoneストレージ】

一般からiPhoneストレージの画面

アップル純正アプリ、ここでは【Numbers】をタップします。

「設定」iPhoneストレージ

【Appを取り除く】があるのでここをタップします。

「Appを取り除く」設定画面

すると通常はこうですが

通常アイコン

アプリ名の前にクラウドマークが付きます。

「Appを取り除く」アイコン

気になる人はこのアイコンをどこかのフォルダに隠しておきましょう。

この状態なら「ファイル」アプリで「このiPhone内」が自由に使えるので一時保存場所として最適です。

また、「ファイル」アプリからなら受け渡し出来るアプリも多いので

「ファイル」アプリから他のアプリへ

GoodReaderとおさらば出来る日も近いかもしれません。
まだだけど。