2022.11.21

【チラシを有効活用】効果的に集客を行う方法

デザイン紹介&活用法

ぽん

チラシのメリットをご紹介!

 

  • 狙った地域に情報発信

狙った地域に情報発信できるため、集中的な情報発信に効果的です。また、短期間で情報拡散・集客効果を見込めます。

 

  • 何度でも読み返し可能

Web広告などは一度広告を見逃すと二度と表示されなかったりしますよね。チラシは紙媒体なので、何度でも見返すことができます。(破棄されない限り)

 

  • 紙媒体に親しみのある人にも届く

インターネットが普及した世の中でも、紙媒体を主な情報源としているお客様にはチラシによる集客効果は高くなります。

 

チラシ製作でのポイントはこれ!

 

印象に残るキャッチコピーを使用し、ターゲットと共感できることで興味を持って閲覧してくれます。また、折り込みは同時に複数のチラシが折り込まれるため、より良いキャッチコピーを用意し、共感してもらえるかが重要となります。

 

  • 目的を明確に「5W1H」

チラシを作成する際、「Why(なぜ)」「Who(誰に)」「What(何を)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「How(どうやって)」という「5W1H」を明確にすることで、目的に沿ったチラシを作成することができます。それぞれの役割は次の通りになります。

 

「Why(なぜ)」
チラシを配布する目的。新規顧客獲得、再来店促進などなど様々ですね。目的を明らかにすると訴求内容から外れることなく作成することができます。

 

「Who(誰に)」
共感させたいターゲット。ターゲットを明確にしなければ、訴求力の高いチラシは出来上がりません。ターゲットによって共感できる内容や表現が違うため、早めに明確化しておくことが大切です。

 

「What(何を)」
次はチラシ上で何を訴求していくのか。ターゲットに行動してもらうために、何を訴求するのかを決めていきます。「期間限定」や「ここだけ!」など激レア情報を記載するのもありです。受け取った人が「あ、いきたい!」などと思えるかを想像し、消費者の気持ちで進めていきましょう。

 

「When(いつ)」
営業時間やクーポンなどの期日など。どこで使用できるかなど、時と場所を明確にします。また、期限を絞ることで「今行動すべき理由」となり、来店や問い合わせなどのリアクションがくる可能性が上がります。

 

「Where(どこで)」
どんなに訴求のうまいチラシでも、ここが抜けていると集客になりません。例えば、集客を目的とするならば店舗の住所や地図は必須です。また、場所によっては周辺環境やアクセス方法を記載し、初めて来店する方でもたどり着けるように補足情報の記載をしていきましょう。

 

「How(どうやって)」
購入方法や予約、問い合わせ方法など。興味を持った方がどれだけスムーズにリアクションできるかで反響に大きな影響を与えます。ここがわかりにくいと、他店舗に流れてしまったり、興味が薄れてしまう危険性が高いです。

 

消費者が目を惹くチラシデザインを設計!

 

上記「キャッチコピー」「5W1H」で内容が定まったら、魅力的に見えるデザインを考えます。当然、ライバル店もチラシを利用してくる可能性が高いです。
そして残念ながら我々日本人は時間に追われる日々が多くチラシを観覧する時間は、一面につきわずか2秒と言われており、2秒で消費者に興味を持ってもらえるデザインが必要不可欠となります。
目を惹くポイントは以下の通り。

 

  • 印象に残るキャッチコピー
  • 大きい写真を取り入れる
  • 季節にあった配色で共感作り
  • クーポンをつける
  • クチコミなど消費者の声

 

全てを取り入れる必要はありませんが、他店と差別化できるようにしていきましょう。
また、チラシ作成も私たち「アドラク !」にお任せください!
経験豊富なデザイナーが打ち合わせから制作まで、お客様に寄り添いながらデザインいたします!まずは一度ご連絡ください!

 

まとめ

 

チラシでの集客は狙った地域に訴求でき、かつ手軽に行える便利ツールです。方法や対象を見極め、多くのメリットを受けれる反面、方法を間違えると効果が出にくくクレームとなる場合もあります。
チラシ作成に大切な「キャッチコピー」や「5W1H」「写真」などを忘れずに考えていきましょう。

 

全てを自社で進めるのが難しい場合は広告代理店なのどに依頼することをお勧めします。
もちろん、当社「アドラク !」でもご依頼いただけます!
多種多様な実績を持ち、今もなお進化し続ける専属デザイナーが打ち合わせから制作まで、お客様に寄り添いながらデザインいたします!
まずは一度ご連絡ください!