アドラク!

アドラク!広場

実は日本発祥!?読んだら使える話ネタ【食べ物編】

2019/01/07

 

こんにちは。イシコです。
突然ですがみなさん、食事は好きですか?
僕は大好きです。

っと言っても生きていくためには切っても切り離せない「食事」
町を歩けば飲食店がひしめき合い、料理人が切磋琢磨しながらも
美味しい料理を追求しております。

海外の料理だと思っていた料理が
実は日本生まれだった!っていうものが実は少なくありません。

しかも皆さん一度は口にしているであろう料理ばかり。
はてさて、どんな食べ物があるのでしょうか?

 

エビのチリソース

中華の定番エビのチリソース。略して「エビチリ
エビを辛い味付けで炒めた料理です。
中国出身の料理人が、日本で中華料理店を営むために
四川料理を日本人向けにケチャップやスープ、卵を使って
辛さを抑えた料理とされているようです。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/エビのチリソース

 

石焼ビビンバ

ビビンバといえば韓国料理で有名ですね。
焼肉屋さんに行くとついつい頼んでしまいたくなる一品です。
1970年代に在日韓国人が発案したとされているようです。
肉や野菜を石焼で食べるといった新しい食べ方で、国外にも伝わりました。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/ビビンバ#日本におけるビビンバ

 

ドリア

ご飯の上にホワイトソースがかかったイシコも大好きなイタリアン料理。
あつあつなドリアを食べる事はまさに至福。

1930年頃。横浜のホテルで総料理長が即興で作った料理だそうです。
バターライスにホワイトソース。表面にはチーズがふりかかり
こげ色がつくまでオーブンで焼く。たまりませんねぇ!

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/ドリア

 

ナポリタン

洋食と聞いて最初に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
スパゲッティの代表的料理「ナポリタン」

諸説あるようですが、
戦後、当時日本人のホテル料理長が、軍兵士の食事であったケチャップだけで和えただけの
スパゲッティを見て、様々な具材やソースを和えたものを考案。
「ナポリタン」という名前は、ナポリの屋台でトマトソースがかかった
スパゲッティがヒントだったとか。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/ナポリタン

 

オムライス

1900年頃、賄い料理として忙しい厨房でも
食べやすいようにと考えられた料理。

賄い料理を来店したお客さんが「食べたい」とお店にお願いしました。
そこからメニュー表に載せるようになったとか。
当時ケチャップが日本になかったため、今のオムライスとは
違うようです。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/オムライス

 

プリンアラモード

横浜のホテルから生まれたデザートと言われています。
戦後、米軍夫人に提供することを考え、果物やアイスなどを
載せたことがはじまりと言われています。

チョコレートパフェと並ぶ、洋食の2大デザートですね!(イシコ的意見)
レストランでデザートを頼むときに、どちらにするかよく迷ったものです。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/プリンアラモード

 

はい!いかがでしたでしょうか?

「マジで?」って思った料理が出てきたんじゃないでしょうか?
どれも「好きな料理1位」に選ばれてもおかしくないメンツでした。

まだまだ他にも色々な料理があると思いますが
イシコが気になった料理をご紹介させていただきました。
「食べ物」以外にも「日本発祥」は他にもたくさん!
それはまたいずれ!

それではまた!

 

合わせて読むと面白い!こちらの記事もオススメです!

隠し味に頼らない簡単にカレーが美味しくなる方法

パンよりヘルシー!?ベーグルの作り方【スイーツ作れる系女子に取材してみた!】