アドラク!

アドラク!広場

いまさら聞けないデザイン用語 その1

2019/01/16

 

ごきげんよう、ガミです。

チラシを作るとき、
デザインチェックするとき、
私たちデザイナーがよく使う、
デザインの現場の言葉を紹介していきます。

アドラク!を注文するときに
役に立つかもしれないので
是非、読んでみてくださいねー♪

 

フォント

PCで使う文字のデザインのこと、またそのデータのこと。
厳密に言うと「書体」とは違うようですが
慣習的に、「フォント」は「書体」を含んだ意味で使われているようです。

【必見】知っておきたい!フォントのまとめ記事 【文字・レイアウト】

カーニング

文字と文字の間隔(アキ)を調節することです。

上の画像を見て、文字間が不自然なことにお気づきでしょうか?
Aとdの間が変に空いて見えませんか?
「そうかなぁ…」と思う方もいるかもしれません。
ただ、デザイナーなら
「この空きが気持ち悪いし、全体に詰め甘い」なんて思っちゃいますよね。

文字間、詰めたらこうなります。

詳しくは
【Illustrator】カーニング(文字詰め)で文字を美しくしよう!

 

グレースケール

白と黒の明暗(グレーの濃淡)で表現する方法です。
白から黒までの階調が多いほど滑らかになります。
イメージとしては白黒写真の世界です。

ちなみに、混同して使いがちな
「モノクロ」とは2階調のことなんですねー。

何気なく使ってはいたものの
改めて正しい意味をきちんと知ってみる
良い機会になりました。

では、また~♪

 

 

こちらもお役立ち!

Photoshop画面が急に単色(モノクロ)に!? チャンネルを切り替える方法。

Illustratorの環境設定をオシャレにカスタマイズ!