アドラク!

アドラク!広場

現役デザイナーに聞く!~イシコ~ 上司に言われて心に残った一言

2018/12/07

 

こんにちは。アドラク!担当のTAKESHIです。
独断でプロデザイナーにインタビュー。
このシリーズはいつもイシコという者が担当しているのですが
代打としてTAKESHIがお送りします。

「現役デザイナーに聞く!」今回の議題は
「上司に言われて心に残った一言」です。

企業に勤めていると上司に接する機会は多いですよね。
特に新人の頃は上司から色々と話を聞く(聞かされる)ことも
多いと思います。

ではこの内容について
イシコさんにインタビューしてやろうと思います。

イシコさんのプロフィールはコチラから♪
https://adluckdesign.com/designer/?designer_id=4

いつもインタビューする側のイシコさんですが
果たして喋りはどうなのか?

 

上司に言われて心に残った一言は?

今でもはっきり覚えているものが3つあります。
言われた時のシュチュエーションや
感じたことを鮮明に思い出せますね~
とてもパワーのある言葉ばかりでした。

①仕事で無茶しすぎて注意された言葉
まだ社会人一年目の若かりし頃でしたね。
同期が何人かいたんですが、そのなかでライバル視
している人がいました。

どうしても仕事で負けたくなくて
担当じゃない仕事までやったり、
遠方に行って仕事してきたり

色々と無茶した結果、体調を崩してしまい
会社休んだことあったんです。

後日上司に呼び出されて色々と話をしたんですが・・・

上 司:随分無理してるみたいだけどどした?
イシコ:同期に負けたくなくて・・・
上 司:ちゃんと休むときは休んでるか?自分を大切にしろ
イシコ:いや、でも多少無理しないと同期には勝てない
上 司自分を大切にできないヤツは、この先仲間も大切にできないぞ!

自分が頑張ることばかり考えていたので
周りのことが全然見えていなかった自分に気付きました。
「これ以上やったらダメ」という線引きが
しっかりできていない人は当然人にも無茶させちゃいますよね。

 

②食事をご馳走してもらった時
社会人2~3年目くらいの頃でしょうかね。
上司と一緒に食事に行って、よくご馳走してもらっていました。
さすがに毎回申し訳ないと思って
「今回は僕も払います」と言った時の上司の言葉です。

上 司
イシコに部下や後輩ができたら、同じようにご馳走してやってよ。
それまでそのお金はとっておきな。

すごくかっこいいと思いました。
そして僕が上司になったら同じことがしたい!
と目標になった言葉でした。

 

③情報の共有
これは最近のお話。3年前くらいですかね。
チーム責任者を任されるようになって
ミーティングをする機会が増えたのですが、
チームメンバーに報告すべき内容が共有されていない!っていう
ことがあったんです。その時に上司から言われた一言。

上 司情報を発しない人の元には、情報は集まらない

人と人との繋がりがあってこその仕事なので
コミュニケーションがないところには、
情報共有って当然されにくいですよね。

 

言葉一つで考え方が変わったり、
人生が変わりかもしれない。
言葉って深いですね〜。

 

TAKESHI:ありがとうございました。

イシコ:インタビューされるって緊張しますね

TAKESHI:でしょ?だから今度から突然インタビューするのやめてよ

イシコ:え?突然だから楽しいんじゃないですか?

TAKESHI:ダメだなコイツ・・・

こちらからは以上です。

 

合わせて読むと面白い!おすすめ記事はコチラ!

現役デザイナーに聞く!~TAKESHI~ 仕事のモチベーション維持をするためには?

現役デザイナーに聞く!~charles~ 仕事上で大切にしている事。