アドラク!

アドラク!広場

現役デザイナーに聞く!~スズキ~ デザイナーになって一番身になった経験

2017/11/02

 

 

アドラク!デザイン担当のイシコです。
デザイナーに色々な質問を投げかける「現役デザイナーに聞く!」でございます。

今回インタビューさせていただくデザイナーは「スズキ」さんです!
アドラク!のサイトデザインを幅広く手掛けているスズキさん!
一体どんなお話が聞けるのか!?

イシコ:ではお願いしますねっ!

スズキ:ういっす!お願いします!

イシコ:聞きたい事いっぱいあるんですよ!なんならインタビュー朝までコースですよ?

スズキ:それは嫌だ

デザイナーになって一番身になった経験

Q:いつ頃ですか?
社会人一年目、20歳の時です。
当時トレーナーがとても厳しい方で、デザインの確認をお願いするんですが毎日ダメ出しの連続でした。
なんでダメなのか全然説明してもらえないし、自分でも何が悪いのかわからないままでした。

Q:毎日どの様なこと言われていたんですか?
「全然ダメ!」って一言で終わりです。
デザインに対しての自分なりの意見を言っても「なんでこれだけしかできないの?」って突っ込まれて終了!みたいな。
制作した原稿なんて「チラッ」と見ただけでしたね。

Q:そんなに毎日言われて辛かったんじゃないですか?
自分も当時デザイン経験が浅かったから「ダメなんだからしょうがない」って思ってました。
ただ出来ない事がすごく悔しかったです。

Q:怒られている事に対してどう思っていましたか?
怒られる事ってありがたいと思いました。
これだけ真剣に怒ったり、教えたりできる人っていないと思うんです。
自分のために時間を割いてもらっているって事が嬉しかったです。

Q:この経験から何を得られましたか?
デザインの基礎はもちろんですが、
ダメ出しを何度されても諦めなかった事から「デザインを作る事から逃げない」という事を学びました。
どんな内容の案件でも「いざ作らなくてはいけない」という状況から逃げずに挑戦する!必ず終わらせる!と言った
覚悟が身についたと思います。

インタビューありがとうございました!
今回は特に新人デザイナーさんには「デザインがダメ出しされる」といった点で共感できる内容だったのではないでしょうか!
ダメ出しが続くとどうしても自信がなくなってしまいます。
でもデザイナー達はみんなダメ出しされて勉強していくんですね。

イシコもデザイナー1年目は毎日の様に上司に怒られていました。
でも諦めませんでした。
諦めなかった理由の半分は「もっとデザインができる様になりたい!」
もう半分は「ダメ出ししている上司を超えてやる!」っていう執念?でした。

イシコ:くそー!今思い返すと、当時の上司に腹立ってきた!

スズキ:勝手に解説してなに腹立ててるんすか?

イシコ:あー!チクショーあいつめー!スズキさん今夜飲みに行きましょう!スズキさんのおごりで!

スズキ:それは嫌だ

昔の上司を思い出したところで終わりにしたいと思います!
ではまた!

 

スズキさんが書いたデザイン力アップに繋がる関連の記事は☆
箱で考え、奥行きを意識すると デザインが変わる!?

デザインテンプレートを使って 季節に合わせたデザインも簡単制作!

なんでこんなに画質が悪い? 印刷物の適正解像度ってどのくらい?

2つのデザイン組み合わせてテンプレートを大胆アレンジ!