-->

アドラク!

アドラク!広場

【テレワーク】在宅勤務で感じたデメリット・問題点と対策

2020/06/22

 

新型コロナウィルスの影響により感染対策として
テレワークを導入した企業、これから検討している企業も多いと思います。

テレワークには非常に多くのメリットもありますが、その裏には当然数多くの
デメリットも存在します。
実際に感じたデメリットをご紹介します。

 

【デメリット①】家のオンライン環境

テレワークをする多くの方は在宅勤務を想定していると思います。
仕事をする上でなくてはならないのがネットの環境
会社だと環境が整っているため、不具合を感じることは少ないのですが
在宅になった途端、アップロードやダウンロードに時間がかかり、
スムーズにできていた仕事ができなくなり、時間にストレッチがかかりやすくなります。
また、インターネット回線がマンション契約などで
繋げたいサーバーにたどり着けなかったり。。。環境を整えるまでが大変なのです。

<対策>
テレワークを始めるまでに、自宅のネット環境がどうなっているのか
しっかりと確認をしましょう。
実際に会社のノートパソコンなどでネットに繋がるか確認をして
不具合がないかを試すことが大事です。
実際にテレワークが始まってから「業務ができません」ではお話になりませんので
注意しましょう

 

【デメリット②】コミュニケーションが減る

会社に行けばスタッフがいて、ちょっとした話をするだけでも
気分転換になったりするもの。
テレワークの場合周りのスタッフがどんな状態で仕事をしているのか見えなくなります。
「気分が落ちている」「体調が悪い」など
出勤時は顔を見たり、口調や仕事の姿勢を見てスタッフの様子がわかる場合もありますが
遠隔になった場合とても管理が困難になります。
また孤独感により、精神的負担を感じてしまうスタッフも少なくありません。

<対策>
定期的にスタッフとは連絡を取り合って、状況を確認しましょう。
遠隔でも挨拶は大事!チャットのアプリを使い「おはよう」「お疲れ様」など
テレワークだからこそ挨拶はしっかりと行いましょう!
またちょっとしたことでも「ありがとう」「よろしく!」など人を敬う言葉を使いましょう
時にはビデオチャットなどで顔を合わせて、お互いの状況共有をするのもいいと思います。

【デメリット③】チャットやメールに時間が割かれる

ちょっとした質問などもチャットやメールの使用頻度が増えるため
今まで「声をかければすぐ終わる」内容でも相手の返信が遅かったり
言葉を文章にうまくまとめられず、相手に伝わりにくかったりする場合があります。
また逆に相手からメッセージを受け取っているのに気付かずに長時間放置していたなど。。。
お互いにストレスになってしまうので注意が必要です。

<対策>
仕事に集中していると、ついつい自分のことだけにのめり込みがちです。
定期的にメールなどをチェックし、漏れがないか確認しましょう。
また、相手の反応がない場合は電話をするなど、少しでも連絡を円滑にしましょう。

 

【デメリット④】オンとオフの切り替え

出勤せずに在宅になるとオン・オフの切り替えが難しくなります。
家にいるのに仕事しなくてはいけない。業務に身が入らないなど
自宅は日頃「オフにする空間」なのでなかなか「オン」にできない方も多いと思います。

<対策>
普段出勤する時間に起床したり、服装や身だしなみを整えましょう。
朝出勤するときと同じ行動をすることで、仕事への切り替えがやりやすくなります。
平日と休日とで朝の行動を区別することでメリハリが生まれます。

 

【デメリット⑤】残業時間が無制限にできてしまう

退勤時間がないため、無制限に業務ができてしまいます。
当日の業務はすでに終了していても「明日予定を少しやっちゃおうかな」「残ってた仕事を終わらせちゃおう」など
家に仕事環境があると時間が無制限に感じ、会社が管理していない時間でも仕事ができてしまいます。
オンとオフの切り替えが不得意な方ほどおちいりやすくなります。

<対策>
少し無理をしてでも仕事を終了させることをお勧めします。
「明日の自分がまた頑張る」と言い聞かせてみるのもいいと思います。
誰も見ていないところで業務をしても、誰も評価してくれません。
貴重な自分の時間がなくなるだけです。
少しでも早く切り上げて、自分のために時間を活用しましょう!

 

【デメリット⑥】パソコンの持ち運び

普段会社で使用しているパソコンがノートであれば大した支障はないのですが
デスクトップ型のパソコンだと持ち運びが非常に困難です。
車で運んだり、宅配を依頼したりなど。持ち運びをするにも
ショックを与えて壊してしまうリスクもあるため、移動の際は要注意です。

<対策>
ノートパソコンが使用できる環境であれば、データを移行して
ノートパソコンを使用するようにしましょう。
持ち運びが楽ですし、交通機関を使って移動する事もできます。
もしデスクトップ型のパソコンを使わざる得ない場合、移動の際は
クッションで包み、しっかりと抱えて移動しましょう。
またバックアップをとっておくのも重要です。

 

 

以上が実際にテレワークをやってみて感じたデメリットでした。
今回のコロナをきっかけにテレワークを重視する企業も増えてきてるので
テレワークを今後検討されている方にぜひ参考になればと思います。

▼アドラク!のホームページはコチラ!
https://adluckdesign.com

▼アドラク!のピンタレストはコチラ!
https://www.pinterest.jp/pr0430/pins/

▼アドラク!テンプレートデザインはコチラ!
https://adluckdesign.com/ad_template/

 

おすすめ記事はコチラ!

【無料ダウンロード】コロナ対策イラレテンプレートが無料でつかえます!

【デリバリー】広告ツールの特徴をご紹介!