-->

アドラク!

アドラク!広場

【印刷知識】 押さえておきたい!折込チラシ・ポスティング・DMのメリット・デメリット

2020/11/19

 

広告媒体って色々あって悩みますよね!
宣伝広告として用いられる代表的な紙媒体として

『折込チラシ』『ポスティング』『DM(ダイレクトメール)』など

が挙げられます。

ですが、一括して宣伝広告といっても
どの紙媒体をどういった目的で作ったら
良いのかがなかなか分かりづらかったりします…。

ということで今回は
『折込チラシ』『ポスティング』『DM(ダイレクトメール)』
使い分けについて、
それぞれのメリット・デメリットを交えつつ
紹介していきたいと思います!

 

折込チラシ

印刷したチラシを大手新聞や地域新聞の配達と
一緒に配布するサービスです。

新聞購読者の手元に確実に届く
広告方法として長く利用されています。

<特徴>
サイズ・地域・配布日の「自由度」が高く、主婦層を
中心とする幅広い層に
支持されています。

<メリット>
・配布エリアをおおよその範囲で指定することができる。
・配布エリアによっての価格の変動が出にくい。

<デメリット>
・広範囲に配布するにはコストが大きい。
・他のチラシと一緒に捨てられてしまう場合がある。

ポスティング

印刷したチラシや試供品などの販促物を
個宅やマンション、事務所のポストに
配布するサービスです。

<特徴>
郵便物が入るのと同じポストへ投函する為、
他の広告手法と比べて直接手にとって見てもらえる
可能性が高いことが大きな特徴です。

<メリット>
・配布エリアを丁単位で指定することができる。
・新聞購読者以外にも届けることができるので、
今まで未開拓だった
ターゲットに向けてアプローチすることができる。

<デメリット>
・短期間での大規模広告には向かない。
・クレームが発生するという事を特に念頭におかなければならない。

 

DM(ダイレクトメール)

郵便を利用して、ハガキや手紙で
広告を配布するサービスです。

<特徴>
ターゲットを詳細に絞り込んだ上で、
個々の顧客への接触ができます。

また、何人から反応があったか、
どれくらい売上につながったかを
測定することが可能です。

<メリット>
・特定のターゲットに強いメッセージを届けることができる。
・何回も送ることで相乗効果を得ることができる

<デメリット>
・送付先の住所を知っている必要がある。
・ポスティングチラシや折込チラシに比べてコストが大きい。

以上、紙媒体の広告について簡単にご紹介しました!
狙うターゲットが決まっているという場合は
DM、とにかくいろんな人に見てもらいたい!という時は

折込チラシやポスティングなど、狙いによって的確に広告を打つ事で、
より効率的な宣伝効果が得られるんです!!

もしあなたがグラフィックデザイナーなら、
こういう知識を持っていれば
クライアントにも適切にアドバイスできますよね♪

折込チラシの効果についてもっと詳しく☆

必見!紙の広告の効果的な使用実例〜折込みチラシ編

集客にはもってこい!?究極の飛び道具、チラシ