アドラク!

アドラク!広場

CMYK掛け合わせ? たった4色で色が印刷される仕組み

2017/07/31

 

 

こんにちは!デザイン担当のMIKIです。
CMYK掛け合わせは多色印刷のメジャーな方法です。

ですが、CMYK掛け合わせってよくわからない…
なんとなーくわかってるけど言葉にするのは難しい!
という方もいると思います。

そこで!今回はCMYK掛け合わせについて紹介していきます!

 

色の掛け合わせ

絵の具を2色以上混ぜると新たに色を作る作る事が出来るのは、皆様ご存知かと思います。
ですがCMYK掛け合わせでは、インクを混ぜて色を作るわけではありません。

「混ぜないでどうやっていろんな色を作るの?」
と疑問に思う方もいますよね。

そこで、実際にどうやって色を表現しているか見てみましょう。


ここに見かけ上は単色で塗られた星のイラストがあります。

この星を拡大すると…

このように、色の点のパターンで出来ています。
これが網点です。

そして、CMYK4色のインクで
それぞれ大きさや密度の異なる点のパターンを刷り、色を再現するのが
CMYK掛け合わせです!

たったの4色でたくさんの色ができる!とても不思議です!

 

網点の大きさで濃淡が決まる。

なんと印刷物はドット(網点)の大きさで色の濃淡を表現します。
下の図はわかりやすく「ブラック」を使用していますが、
実際はたくさんの網点が重なり合って色ができていたんですね。

カラー印刷の仕組み

冒頭でご説明したCMYKの色を版ごとに分けてみました。
ちょっとちょっと!4色で本当に組み合わせられるの!?という声が聞こえてきますが、
これ本当です。

こんな感じです!!

おお!マジでフルカラーになってる!
今回は「C → M → Y → K」で重ねていますが、
印刷会社によって色を印刷する順番が違う場合があります。

色って本当に不思議ですね♪

今回は以上です。また次回もタメになる情報をお届けしますのでお楽しみに♪

 

RGBとCMYKの違いと変換方法は
PhotoshopでRGBからCMYKに変換する