アドラク!

アドラク!広場

JPGとは?PDFとは?違いってなんだ?

2019/04/25

 

ダウンロードするときや、
撮った写真のファイル名でよく目にする
JPG」や「PDF」。

よく知らないですが何か?
といった方も多いのではないでしょうか。

今回は「JPG」や「PDF」について
簡単に解説いたしますー。

PDF」や「JPG」は
ファイル名の後に、「.(ピリオド、ドット)」で区切られ、
英数字3~4文字で表されている「拡張子」というのもなんです。

拡張子は、ファイルの種類を示しているんです。
拡張子を見ればどんな性質のファイルかを
判断することができちゃうんですねー。

JPG

JPG」とは画像ファイルの種類のひとつです。

撮影した写真などの画像を保存したり、
ホームページの掲載に向いている圧縮形式なんです。

ファイルの容量が大きければ大きいほど画質がよくなり、
小さくなると画質がぼやけて粗くなります。

JPG」と「JPEG」、どちらも見たことありませんか?
このふたつの拡張子は、機能面での違いはありません。
JPG=JPEG」ということなんですねー。

 

PDFファイル

イラレでお馴染みの、アドビシステムズ社が開発したファイル形式で、
パソコンだけでなく、様々な情報機器で表示できます。

表示・印刷だけなら、同社が無償配布している
Adobe Reader(アクロバットリーダー)で
制作されたレイアウトそのままに行えるので
広く普及しました。

ひとつのファイルに複数のページをまとめることもできます。
また、PDFファイルは編集しにくいのが特徴です。

 

イラレやWordやExcelなどのデータを、
他のパソコンで開きたい場合、
同じソフトを持っていないと開くことができないんですよね>_<
そんな時は「JPG」や「PDF」が便利なんです。

アドラク!でも、ご依頼いただいた
チラシのデザインを、お客様にお見せするときは
「JPG」や「PDF」に変換して送っています。

相手や用途、端末によって使い分けましょう。