アドラク!

アドラク!広場

コンテンツ東京2017に出展してみた。

2017/07/06

 

あ~~~疲れた。
なが~い足が棒になったcharlesです。
ここまででひとつ嘘をつきました。あ、いやふたつですね。
ふたつ嘘をつきました。

足は長くないし、棒にもなってません。

ところでみなさん「展示会」って行った事ありますか?
実は僕、6/28~6/30の3日間東京ビッグサイト開催された
「コンテンツ東京2017 グラフィックデザインEXPO」という
展示会に出展してきました。

 

なにそれ?

コンテンツ東京2017とは、エンターテインメント産業の活性化や
マーケティングにおけるコンテンツ活用促進を目的とした
大規模な国際総合展示会です。

ふむ。
わかりづらいですねw

スーパー簡単に言うと、ちょー大規模なビジネスマッチングの場です。

A社「うちの会社はこんな事出来ますよ」ってブースを出して、
B社 「お、すごいじゃん。じゃあうちのこの仕事やって~」って感じ。

そこに我らがアドラク!も出展しました~。

 

 

ナンパ失敗した気分。

ノベルティとか会社案内とかを配布しつつ案内するわけですが・・・
まぁ、なかなか受け取ってもらえませんよねw

ティッシュ配りとかやったことありますか?

ぼくはそういう経験ないし、ナンパとかもしたことないので
無視されることに慣れてないんですよ。
ものすごく悲しいんですよ。

でも、人をよく観察して、相手によって
アピールする内容を変えてみたりしてみると、
ちゃんと話聞いてくれる人が増えるんです♪
これは面白かった。

 

人の流れに身を任せ・・・

あ!!

あと、街中でよくティッシュとか配ってる人って、
踊るように動きながらあっちこっちに配ってるじゃないですか?
あれ、ちょー有効w

人の流れに合わせてるんですね。
「これはなにか」と認識する時間が長い方が受け取ってくれます。
受け取ってくれるとその先の話も聞いてくれやすいです。

 

時の流れを感じました。

人の流れに身を任せながらも、人波が途絶えた瞬間を狙って
他のブースを訪れたりしてみたんです。

すると感じるわけですよ。

時代の流れを!!

RGBモードのまま入稿して、
あの、あの発色が再現できちゃう印刷方法とか。

webデザインのできるグラフィックデザイナーとか。

人工知能とか。

印刷の会社でも印刷だけやってるだけじゃダメなんですって言ってる人もいました。

アドラク!のデザイナー素材を見て
「もうデザイナー要らなくなっちゃうじゃん!!」って言ってる人もいました。

でも、違いますよね。僕らが成長すればいいんです。
そうでなくても、いまどき趣味レベルでも素敵なものを作る人っています。

でも「あ、やっぱりプロは違うな」と思われなきゃいけないんです。

じっとしていても周りは変わっていくんです。
それをしっかりとキャッチして、自分も変わってかなきゃいけないんです。

足が棒のようになりながら、腰がバッキバキになりながら、
アプローチの仕方次第で相手の反応が変わる事を再認識しながら、
接客業の人たちに感心しながら、
「変わっていかなきゃ」と感じた3日間でした。

では、ばいなら♪